2019年12月05日

締めくくりは二条城

IMG_0462[1].jpg

二条城は1603年、江戸幕府初代将軍徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするため築城

3代将軍家光の時代、後水尾天皇行幸のために城内は大規模な改修が行われ、二の丸御殿にも狩野探幽の障壁画などが数多く加えられた

123.jpg

壮麗な城に、天皇を迎えることで、江戸幕府の支配が安定したものであることを世に知らしめたもの

IMG_0464[1].jpg

1867年(慶応3年)には15代将軍慶喜が二の丸御殿の大広間で「大政奉還」の意思を表明したことは日本史上あまりにも有名

二条城は、徳川家の栄枯盛衰と日本の長い歴史を見つめてきた貴重な歴史遺産

IMG_0463[1].jpg

門をくぐる前からなんだか荘厳な雰囲気に飲まれました

今回の京都旅行締めくくりにふさわしいところでした
posted by チャランゴパパ at 19:32| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする