2019年10月25日

工場見学

地域の行事で工場見学

ペットボトル・プラスチック製容器包装リサイクル処理工場

工場に入ったら、市内から収集したリサイクルプラが積み上げられていく

選別ラインに運ばれたら破袋輸送コンベアに流れ機械でビニール袋を破る

その後が大変な作業になる

袋の中身を廃プラとそれ以外の有害なゴミとに分けるがこれがすべて人の手で行われる

中にはガラス片や刃物類、果ては電池なども紛れて非常に危険だ

その選別のところを見学したが、およそ60歳前後の方が3ヶ月の研修後、試験を経て認められた方が作業に当たっているそうだ

DSC01982.jpg

なんちゅうてもベルトのスピードが速い

集中力もたいしたもので1時間の作業〜5分の休み

恐れ入ります

まぁともかく今日の工場見学で、自宅からのゴミの出し方のルールは絶対のものだと痛感した

大変勉強になりました
posted by チャランゴパパ at 09:36| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、地域の行事で吉島のゴミ処理施設に見学に

行きましたがTIOさん同様に、ゴミ分別の大切さを

痛感致しました。

そのあとに行ったプリンスホテルの懇親会では

昼からのビールを痛飲しました。
Posted by 田舎老人ただのじじい at 2019年10月25日 18:55
やはり同じ団体ですかね
プリンスホテルとはそちらはお金があるね
こちとらはわたやでビールも一人1本でした
まさに痛恨です
Posted by TIO at 2019年10月26日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。