2021年01月13日

KDDIのからくり?

携帯各社では新料金が出揃った

KDDIIは1月13日、NTTドコモ「ahamo(アハモ)」に対抗した新料金プランを発表

20GB・月額2480円で3月より提供開始

うん?

他社より500円安い

ただし、ここには「カラクリ」が存在

ahamoとSoftBank on LINEは2980円に「1回5分まで国内音声通話かけ放題」が含まれているが、KDDIには含まれていない

1回5分まで国内音声通話かけ放題が必要なユーザーは、月額500円のトッピングをつける必要がある 

つまり、データ容量20GBで1回5分まで国内音声通話かけ放題という内容で3社の新料金プランを比較すると、どれも月額2980円の3社横並びになるというわけ

なんじゃこれは!

よく見ないといけんね
posted by チャランゴパパ at 15:26| Comment(3) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯の

新料金は

皆同じ

相変わらず三社は陰で闇カルテルですなぁ。
此れから何れにするか頭の痛い事ですなぁ。
Posted by kingyasu at 2021年01月13日 18:51
今年こそ今の契約内容そのままが40%程度安くなる

と思っていたのは当方だけでしようか?

さらに別のコース契約とはあんまりですね!

しかも大容量ばっかり・・・

携帯会社の大要領の良さだけが目立ちますね!!
Posted by 田舎老人ただのじじい at 2021年01月13日 19:08
上っ面だけで判断したら落とし穴があるってこと
くわばらくわばら
Posted by TIO at 2021年01月14日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。