2021年02月21日

毘沙門天初寅祭

毎年、旧暦・初寅の日とその前夜を 初寅祭 が開催されます

1年でこの時だけ「御本尊」が開帳されるので、ひと目拝もうと、遠く四国や中国地方各地から熱心な信者が参拝に訪れます

商売をされている方、厄払いの方

今年はコロナ禍の中で中止となった

ここは急な登坂道を息を切らしていくため私はパスを決め込んでいた

ただし、アッシー君で入口まで行くと中止の看板

本堂前ではそりゃ凄い密だもんな

IMG_1894[1].jpg

で、下から多宝塔を見上げる

すると里見の岩に人影

大きく手を広げてまるでタイタニック気取りかな

小さくて見えないか

山門前でたい焼きが買えなかったのが残念

posted by チャランゴパパ at 10:43| Comment(3) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初寅や

今年は取り止め

残念だ

しかし、毎年此の初寅祭に参加されているようですが、信心なのかたい焼きなのか狙いは何なんでしょうかぁ?
Posted by kingyasu at 2021年02月21日 12:45
どの店もびしゃっと門を閉じたかの流川通りも、

アレが解除され、いよいよ宴会の始まりかも

謹んでお喜び申し上げます(^^♪

でも呑みすぎてトラにならないことを祈ります・・・
Posted by 田舎老人ただのじじい at 2021年02月21日 19:26
参道の露天商もあおりをくって大変です。
Posted by Tio at 2021年02月22日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。