2019年12月08日

神田公民館

立派な公民館でした

ステージも大きく広い

で、今年最後の演奏会

神田公民館(1).jpg

最後らしく楽しく演奏できました
posted by チャランゴパパ at 19:01| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

2019年ラストステージ

明日は又々、大和町遠征

公民館で今年最後の演奏会

お声がけ頂きありがとうございます

IMG_4044[1].jpg

今日は珍しく自主練

明日も寒い一日になりそうだが、それでもステージは熱く!

なんちゃって
posted by チャランゴパパ at 11:06| Comment(3) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

締めくくりは二条城

IMG_0462[1].jpg

二条城は1603年、江戸幕府初代将軍徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするため築城

3代将軍家光の時代、後水尾天皇行幸のために城内は大規模な改修が行われ、二の丸御殿にも狩野探幽の障壁画などが数多く加えられた

123.jpg

壮麗な城に、天皇を迎えることで、江戸幕府の支配が安定したものであることを世に知らしめたもの

IMG_0464[1].jpg

1867年(慶応3年)には15代将軍慶喜が二の丸御殿の大広間で「大政奉還」の意思を表明したことは日本史上あまりにも有名

二条城は、徳川家の栄枯盛衰と日本の長い歴史を見つめてきた貴重な歴史遺産

IMG_0463[1].jpg

門をくぐる前からなんだか荘厳な雰囲気に飲まれました

今回の京都旅行締めくくりにふさわしいところでした
posted by チャランゴパパ at 19:32| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

チャンバラ

チャンバラのアトラクション

本物の俳優さんが熱演

IMG_4318[2].JPG

ツーショット

70.png

ファイブショット

60.png

ミニツアーでセットの中をいろいろ案内してくれた

俳優が切られ流時の所作や俳優ごとの癖など面白おかしくゼスチャー入りでっせつめいしてくれた

50.png

本人曰く、人気があるらしい

見たことないけどね

チャンバラアトラクションを動画でどうぞ

posted by チャランゴパパ at 13:09| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

撮影ストリート

時代劇はほぼココで撮影しているそうだ

ビッグスターもそうでない役者も

IMG_4310[1].jpg

両側にはそれっぽいたたずまいが

IMG_0445[1].jpgIMG_0444[1].jpg

この池は役者が切られて飛び込むそうだ

普段は藻で汚れているそうだがスターが落ちるときは3〜4日かけて掃除するそうだ

IMG_4307[1].jpg

今日は何故か怪獣が・・・

役者も売れなければ待遇が全然違うね

凝った造りにしている

IMG_0452[1].jpg

そんなこんなで見て回ったが面白いもんだ

その向こうには芝居小屋やもっと向こうには撮影スタジオが並んでいて東映の映画が毎日撮影されている

運がよければスターに会える
posted by チャランゴパパ at 17:06| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

東映太秦映画村

観光もちょっと神社仏閣を離れて娯楽へ

行きたかったところだ

44.jpg

電車を乗り換えJR嵯峨野線太秦駅で降りる

歩いて10分もかからない

ここからは裏口になるようだ

とはいえ問題なく入場

ちゃんとチケット売り場も完備

ちょっと寂しいけどね

東映京都撮影所側入口では、活きた撮影所の雰囲気を堪能しながら歩くことのできるシネマロード

いろんな映画の場面が続く

IMG_0427[1].jpg


IMG_0425[1].jpg

IMG_0426[1].jpg

他に観光客がいないから恥ずかしげも無く・・・

おっ!

忍者も

IMG_0428[1].jpg

こんな感じで村内に再現された江戸の町へ
posted by チャランゴパパ at 16:53| Comment(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

お泊まり先へ

食後、散歩がてらというか、腹ごなしのため四条から三条まで散歩

人通りが多い

IMG_0417[1].jpg

観光客や外人組

で、迷ってしまったのでホテルまでタクシーに乗せてもらった

結構近くまで来ていたようですぐに京都三井ガーデンホテル三条到着

ココはネットで大きなお風呂があるホテルで検索

荷物は京都駅に着いたときに三井ガーデンホテル駅前に預けてこちらに届けてもらっている

これはいいサービスでしかも300円

観光中、大きな鞄を持たなくてもいいのでラッキー

0001_600[1].jpg

晩ご飯も食べてるので早速お風呂へ

大きなといっても6人ぐらいのキャパ

それでも庭を見ながら湯っくりつかると気持ちいい

シャワーだけじゃつまらないのでこりゃいいわ

top_02[1].jpg

熟睡zzzz

ココでは朝食もありだったので早起きながらレストランへ

熟年夫婦と外人さんの観光客風の方で賑わっている

バイキングなので適当にチョイス

いうも取り過ぎるので我ながらでは少ない目?

IMG_0419[1].jpg

今日の観光先を練りながらのんびりとした時間を過ごした

大きな窓からは庭の景色が良い

z.jpg

さてさてチェックアウトを終えいざ京都二日目出発

すぐそばの地下鉄に乗って太秦へ移動です
posted by チャランゴパパ at 14:00| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

観光後の夕食

三十三間堂から地下鉄で4条まで移動

そこから近くのはずが行ったり来たり

ようやく行き着いたところが「高瀬川くりお」

12.jpg

京野菜の京料理とネットで見つけて予約

書き込みも好印象

料理はお任せで

IMG_0408[1].jpg

IMG_0410[1].jpg

出るわ出るわ

ほんの一部をアップ

IMG_0411[1].jpg

IMG_0415[1].jpg

途中でおなかいっぱい

お店の方にまだ出るノン?と聞いてしまった

ハイまだ

えっ!

もう食えん

後はもういいよといったがそうはいかないらしい

仕方ないので量を半分にしてもらった

川沿いにある静かなたたずまいのお店


IMG_0414[1].jpg

お店の方も優しい

でも食い過ぎた
posted by チャランゴパパ at 19:23| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

三十三間堂

定期観光バスも金閣寺の後、京都駅に帰着

夕食まで時間があるのでバスで三十三間堂へ

結構近い

バスから降りてすぐのところにある

三十三間堂は、木造建築では世界でも珍しいほどの長い建物で、国宝にも選ばれています

地上16m、奥行き22m、南北に120m、柱と柱の間の部分を数えると33あります

3.jpg

三十三間堂に入り建物を進むと、数多くの千体千手観音立像が目に映ります

平安時代から鎌倉時代にかけて、湛慶や運慶、快慶など多くの有名な仏師によって作られた仏像が、中央の千手観音坐象の左右両翼十段の階段状の壇上に各50体、合計1,000体の立像が並んでいます

1.jpg

高さ3mの千手観音坐像を中心に1001体の千手観音立像が並び、圧巻です

堂内は撮影禁止のため引用

4時30分には追われるように出て行かねばなりません

なんかゆっくり鑑賞ってもんじゃなかった
posted by チャランゴパパ at 21:16| Comment(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

金閣寺

バスは京都市北区に走る

金閣寺に到着

正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ

舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています

IMG_0394[2].jpg

とにかく綺麗

見事なたたずまい

目を奪われるとはこのことか

IMG_0401[1].jpg

池に映った金閣寺

大昔に来たことがあるがまるっきり初めて見るようだ

z.jpg

まぁとにかく修学旅行生がひしめいている

絶景ポイントでカメラマンがグループごとに記念撮影

その合間を縫うように撮影

てっぺんのは何というのかなIMG_0402[1].jpg

ぐる〜っと裏に回ってみる

池に沿ってここから見る金閣寺もいいね

IMG_0404[1].jpg

庭の紅葉も綺麗だ

まかっか

紅葉と金閣寺はこれはこれで絵になる

IMG_0405[2].jpg

感動ものだった

人混み以外は・・・

posted by チャランゴパパ at 17:27| Comment(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする