2017年10月21日

号外版 

11月23日に留学生会館にてMAYAの演奏会が開催されます

我がティエラ・ヌエバも出演します、是非皆様、お出かけください

チケットのお問い合せはパンフレットを参照ください

IMG_20171021_0001.jpg

IMG_20171021_0002.jpg
posted by チャランゴパパ at 15:34| Comment(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

信濃大町から松本へ

弥蛇ケ原ホテルで宅配してもらったリュックを受け取りに信濃大町駅に向かう

お陰で黒部ダム散策では重いリュックから解放されて楽ちんでした

関電トンネルトロリーバスと一般路線バスを乗り継ぎ昼頃に着いた

DSC08679.jpg

リュックの受け取りまで時間があるので先ずは昼ご飯

ここに来たらやっぱりお蕎麦

駅前の観光協会で美味しいおそば屋さんの情報をゲット

DSC08674.jpg

駅からすぐの手打ちそばこばやし

店構えからして美味しそう

私は天ざる、連れはおろしそば

オーダ聞いてから茹でるので出てくるまで時間がかかるがその分おいしさ倍増なんだろう

IMG_2487 - コピー.jpg

そば処だけに美味しい

天ぷらもアツアツ

満足して店を出て町と行っても小さい町を散策

ふと塩の道ちょうじゃって看板が出ている

DSC08675.jpg

のぞいてみるか

入場料500円だけど誰もいなくしーんとしている

IMG.jpg

江戸時代の庄屋で塩問屋を営んだ建物で千国街道の歴史を紹介していました

通称“塩の道”と呼ばれる千国街道の歴史と、人々の暮らしを紹介する博物館です

当時の牛方や歩荷の運搬道具、旅装や弁当箱、沿線住民の生活道具、古文書などを展示しています

DSC08677.jpg

人当たり説明を聞きながら見てまわった後は駅に帰る

この後、無事リュックを受け取り松本へ移動

DSC08680.jpg

特急に乗ったらすぐに居眠り

およそ50分ぐらいで到着

駅前では今夜のホテルブエナビスタからお迎えの車がスタンバイしてくれている

ロビではでっかい薪ストーブがどかんと据えられている

IMG_2489.JPG

此処はシティホテルで温泉がない

姉妹施設のホテル翔峰までは片道約20分のバス送迎で温泉に入りに行く

途中車窓からは松本の街並みや文化、自然、歴史を楽しむことができます

内湯はほっこり、露天は少し寒かったね

yu.jpg

風呂上がりは此処で夕食も済ませた

ブエナホテルではホテル側の好意?で部屋をグレードアップしてくれてた

最上階なので部屋から見る松本市内の夜景は綺麗!

DSC08681.jpg

明日は上高地行きなのでゆっくり休んだ

ようやく天候は良さそうなので楽しみだ
posted by チャランゴパパ at 10:56| Comment(4) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

黒部ダム

黒部平から黒部ケーブルカーに乗り換えていよいよ黒部湖に到着

ご存じ黒部ダムは富山県東部の立山町を流れる黒部川水系の黒部川に建設された水力発電専用のダム

昭和31年着工、7年の歳月をかけて、昭和38年に完成した日本を代表するダム

そのスケールは想像以上のものでした

駅側からダム全体を望む

DSC08656.jpg

ここから観光客は放水口が見えるところへと歩く

傘が要ったり要らなかったりの天気の中ゆっくり見ていきます

DSC08660.jpg

すれ違う人からはいろんな言語が聞こえてきます

国際的ですね

のぞき込むと怖いみたい

DSC08659.jpg

放水口を見るには階段を上っていかなくてはなりませんがとてもとても

と言うことで安易にいけるところへ

此処からでもしっかり見えます

DSC08661.jpg

実際に来ているところの証拠写真もパチリ

見どころで人気なのが、毎秒10立方メートル以上の放水量の観光放水ですね

DSC08663.jpg

霧に霞む遠景もパチリ

晴れていれば紅葉と相まって綺麗だろうね

DSC08665.jpg

体も冷えてきたのでホテルから宅配したリュックを貰いに信濃大町まで再び関電トンネルトロリーバスに乗車

DSC08670.jpg

並んでいるとゆるキャラがお出迎え

くろにょんだって

DSC08667.jpg

バスが出発するときもわざわざお見送りに来てくれた

これにて黒よんとはお別れ
posted by チャランゴパパ at 14:47| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

黒四ダムへ

朝からいろんな乗り物を乗り継いでいざ黒四へ

その前に朝飯

いつもの事ながらどうもバイキングでは食べすぎる

DSC08653.jpg

貧乏なので食い意地が張っている

あれも食べたいこれも食べたい

そんな事ってありませんか?

それは良いとしてホテルの前まで立山高原バスは迎えに来てくれる

ほ.jpg

此処から室堂までバスにゆられ、お次は立山トンネルトロリーバスに乗り換え

tro-bus[1].jpg

トロリーはバスではなく立山黒部貫光無軌条電車線と言いガソリンを使わない環境重視の乗り物です

富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂にある標高2450 mの室堂平の中央に位置する室堂駅から、立山ロープウェイとの連絡駅の大観峰駅までを結びます

ロープ.jpg

その大観峰駅からは立山ロープウエイに乗ります

立山の東壁を背に、大観峰と黒部平を7分で結ぶ、全長1,710メートル、標高差500メートルの立山ロープウェイ

黒部湖や後立山連峰をダイナミックに眺めることができます

まさに動く展望台と言われ我が国最長のワンスパンロープウェイとしても有名です

晴れていればこんな感じ

立山ロープウェイ.jpg

〆は黒四ケーブルカーに

posted by チャランゴパパ at 21:04| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

弥蛇ケ原ホテル

早い目のチェックイン

霧雨模様ながら近辺をガイドしてくれるとのことで玄関口集合

さんぽ.jpg

意外にも多くの方が出ている

まぁ私たちもそうだがせっかくここまで来たんだから

ガイドさんの案内で近場を案内

DSC08638.jpg

このガイドさんは季節だけの契約らしい

私より先輩

DSC08640.jpg

花や遠景を面白おかしく説明してくれる

但し足下が悪いのでだんだん人が少なくなっていく

DSC08639.jpg

私たちは裏側の遊歩道を少し歩いた

板がずっと張り巡らされているのでその上を散策

DSC08648.jpg

で、冷えた体を温泉でホットに

夕食はレストランだが浴衣姿は御法度

しょくじ.jpg

地ビールで乾杯

飲み易い

食後はロビーでビデオを見ながら弥蛇ケ原や雷鳥の紹介があるんだがもうくたびれてダウン
posted by チャランゴパパ at 10:08| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

美女平を経由して弥蛇ケ原

ケーブルカーを美女平で降りたらお次は立山高原バスに乗り換え

駅前広場にはたくさんのバスが止まっている

b290d0ea[1].jpg

客数に併せて次々と発車して行くみたい

マイカー規制が行われているため、一般客は必ずこの路線バスを利用することになる

結構バスのすれ違いが多いのは観光客が多いんだろう

晴れていればこんな感じ

高原バス.jpg

だがあいにくの霧雨なので実際はこんな感じ

遠くの景色が霞んでいる

DSC08632.jpg

紅葉も見頃なんだがハッキリクッキリとは行かないようだ

DSC08631.jpg

バスは右に左にとカーブが続きバス酔いの心配もあるそうだ

エチケット袋の用意があるとアナウンスがあるくらいだ

程なくバスのドライバーさんより仙洞杉の紹介

DSC08626.jpg

アルペンルート沿いでは、最も立派な立山杉です

この仙洞杉を乗客に見せるため徐行しますがあっという間に通り過ぎちゃった

やがて

DSC08627.jpg

と言うところにさしかかると止まってくれます

遙か向こうに滝が見えます

DSC08628.jpg

煙っているのが残念ですが称名滝と言って350 mという日本一の落差を誇る四段構成の滝です

雪解け水が多く流れ込む春などには称名滝の右側にハンノキ滝が現れて2つの滝が流れ落ちるそうな

で、およそ30分ぐらいでしょうか今夜のホテル近辺が見えてきます

DSC08634.jpg

弥蛇ケ原ホテルです

道を挟んで向かいに国民宿舎のようなものと2棟だけです

DSC08635.jpg

標高は1,930メートルで冬期の間はお休みで4月15日〜11月4日迄のオープンになっています

部屋で一休みした後、ガイドさんが周辺の案内をしてくれるそうです
posted by チャランゴパパ at 17:03| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

立山駅から美女平

霧雨のようなものが降っています

駅前は観光客も少なく駐車場はやたらバス、乗用車が多く止まっています

なぜならここから先は一般車両は通行禁止なのです

此処に車を置いといてケーブルカーで行くんですね

DSC08619.jpg

風邪気味なのでマスクで喉を守っています

咳が止まんないんっすよ

此処からケーブルカーで美女平まで7分、500Mの標高差を上がります

DCM12.jpg

傾斜が凄いので車内も24度の勾配

上から転げ落ちそう

DSC08622 - コピー.jpg

急いで乗ったが座席は余裕がある

出発してすぐに駅を見下ろす

DSC08623.jpg

でも前方山肌は煙って何も見えないようだ

これじゃ紅葉どころではないぞ
posted by チャランゴパパ at 09:50| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

立山アルペンルート

10月2日から立山アルペンルート方面に行ってきました

出かけからあいにくの雨模様で4日間のうち前半は雨又は曇り、後半は好天

今回はツアーじゃなく旅行社に乗り物、宿を予約してもらっての個人旅行です

金魚のウンコのようについて行けば良いのではなく結構忙しかったですね

当日は朝6時前にタクシーを予約して7時の新幹線で広島を出発

で、新幹線新大阪からサンダーバードで金沢、そこから富山と乗りっぱなし

都電富山でようやく立山駅

此処からがアルペンルート入口

地図.jpg

さぁ楽しみだ

先ずはケーブルカーだ
posted by チャランゴパパ at 10:43| Comment(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

干し柿

友人の庭で干し柿に最適な柿が取頃なのでご自由にと連絡をもらった

で、早速ご近所の方と道具を持って出かけた

結構な数だ

およそ70個ほど頂いて持ち帰り

なんと、ご近所の方が皮をむいてひもをかけてもうつるすだけのところまでしてくれました

248498m[1].jpg

なんとも厚かましいことで申し訳ない

そんな殊勝な事を思いながら軒下にぶら下げた

あと何日で食べれるかな
posted by チャランゴパパ at 10:27| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

地域の運動会

10月1日は地域の運動会

前々日から準備

当日は8時から設営

仕入れてきた煙火をドカ〜ン

9時半から3時前まで写真撮影とビデオ撮影

IMG_7983.jpg

目が回りそう

終わったら片付け

5時から反省会

ビールがまわったまわった
posted by チャランゴパパ at 16:55| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする